意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと

住まいを新築住宅に立て替えたいと憧れてる方も多いのですが、新築には良い面と悪い面がありそうです。

NAVIGATION
意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと

新築の住まいの良し悪し

自分の好みのデザインや内装で仕上げた使い勝手のよい新築住宅には憧れてしまいます。宝くじの一等が当たったら住まいを新築したいと本気で思っている人も多いことでしょう。新築ではなくてもリフォームなど住居に当選金を注ぎ込まない人は少ないと思います。住宅は古くなるとあちらこちら不具合が生じてきます。傷んだ箇所を頻繁に修理をしなければならなくなるので、家は古くなったら新築した方がお金がかからないと主張する人もいます。低価格で購入して完成後にモデルハウスとして公開する家もあります。近所でも時々見かけます。見学してみたいのですが、購入予定がないと嫌がられそうな気がして行けません。見学希望者がたくさんいれば、紛れて入れるかもしれません。

いい事だらけに思える新築住宅ですが、悪い事もあります。新建材の影響等で健康を害することもあるとか、身内に良くない事が起きるとか聞いたことがあります。自分は新築住宅に住んだ経験が無いので真偽は不明ですが、二世帯住宅を建てた途端に両親が亡くなった人はいました。事例がその人だけなので、よくある話なのかは分かりません。迷信の類だと思えます。ただ新建材の健康被害は有り得ると思っていますが、事前に家族にアレルギー反応がでないか、見本でテストしてみれば被害を防げるのでしょうか。家は高額なので返品やアフターケアも大変そうなので、完成する前に不備を見つけられたらいいですね。もっといいのは天然素材で安心な住まいを建てられれば、それに越したことはないのでしょう。

Copyright (C)2017意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと.All rights reserved.