意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと

新築の住まいではなく、生涯賃貸を謳うノマドワーカーのような考え方が世間を騒がせ、注目を集めています。

NAVIGATION
意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと

時代遅れとなった新築の住まいに見る、新しい働き方

ノマドワーカーという言葉が巷を賑わせています。ノマドとは遊牧民を表す言葉。つまり、一定の場所にとどまって仕事をするのではなく、パソコン一つでどこでも仕事ができる人たちのことを指すようです。このような働き方は、インターネットの普及発展に伴って、広まってきたと考えられています。そして、今まで当たり前だと考えられていた事柄を否定するものでもあります。例えば9時5時の勤務時間。それにともなう、朝のラッシュアワー。会社に依存する働き方などが挙げられます。

そして、これは生活習慣にも影響を及ぼしています。以前であれば、新築の一戸建ては、皆が憧れる、ひとつのシンボルのようなものでした。しかし、ノマドワーカーたちから見れば、新築の住まいは無駄のシンボルととらえられているようです。生涯賃貸を謳っている人さえいます。このように、ノマドワーカー的な考え方は働き方だけでなく、人々の生活にさえ、影響を及ぼしているのです。

では、なぜこのような考え方が台頭してきたのでしょうか。それは、20世紀的な働き方の矛盾が考えられます。生活を犠牲にしても、会社のために働く。それによって生涯安泰を得ることができる。このシステムにほころびが見え始め、だんだんと崩壊してきたことが大きいのではないかと思います。そして、身を粉にして働いても幸せを得ることができない。であるならば、自分の好きなことを好きな時間にやって、ある程度のお金を得た方がいい。そのように考える人が増加してきたのではないでしょうか。そして、そこにインターネットの発展が相まって、このような状況になったのではないかと考えられます。その時代の象徴は、様々なことに影響をもたらすようです。

Copyright (C)2017意外と知らない 新築物件で気をつけたいこと.All rights reserved.